油壷マリンパーク 犬連れOKの貴重な水族館。閉館が残念です。8個のおすすめ情報【神奈川県三浦市】

3.5
油壺マリンパークの回遊魚が見られるドーナツ型の水槽公園、アスレチック

小中学生連れの親

小学生にとってはイルカのショーやアシカのショーが楽しいです

未就学児連れの親

未就学の小さな子供でも歩けるぐらいの広さなのが良いですね

犬連れの人

犬連れでも楽しめる貴重な水族館です。ドッグランも完備しています。


2021年9月30日をもって、油壷マリンパークの閉館が決定しています。また、新型コロナウィルス感染防止のため、イルカ・あしかのパフォーマンスショーは人数制限する場合があります。詳しくは公式HPをご確認ください。

このページで読んでほしい、おすすめの情報はこの8個です

  1. 広くないので、小さなお子さんでも歩いて回ることができます
  2. 学びの展示が多いです
  3. 最大の見所は”ドーナツ型”の水槽です。何時間でも見ていられます
  4. カワウソの展示に力を入れています
  5. ニモなど、定番の展示もあります。ニモの見分け方知っていますか?
  6. 犬連れでも楽しめる、貴重な水族館です
  7. ペンギンの”ペンペン”もいます
  8. 周辺にある犬連れでも入店できる和食店を紹介しています
  1. ドーナツ型の水槽は何時間でも見ていられる癒しスポット
  2. 1968年開業。約50年営業しました。
    1. 老朽化のために閉館
  3. 広くないので、小さなお子さんでも歩いて回れる
    1. 大きな水族館ではベビーカーが必須です
    2. 全部回るために、長い距離を歩く必要がありません
  4. 色々な学びがあります
    1. 遠足にも向いています
    2. 昔の面影が残っているので、思い出として残る
  5. 派手な魚よりは身近な魚が多いです
    1. ”美味しそう・・・”というお約束の感想
    2. 身近な魚を知ることは、”学び”に繋がります
  6. 一番の見所は、回遊する魚が見えるドーナツ型水槽です
    1. 大小様々な魚たちを見ることができます
    2. サメやエイも気持ち良さそうです
    3. 美ら海水族館の水槽と同じ、”いつまででも見ていられる水槽”
    4. 癒し効果のある水槽です
  7. カワウソの展示に力を入れています
    1. かわうそ森では生態観察ができます
    2. 昼寝で爆睡している姿も・・・
  8. 定番の魚もいます
    1. ”ニモ” カクレクマノミが待っています
    2. 人気のクラゲ展示もあります
    3. ガーデンイール(チンアナゴ)もいます
    4. サンゴとサンゴに群がる小魚にも癒されます
  9. 犬連れでもOKです。貴重な水族館です
    1. 500円で入場できます
    2. ドッグランも完備
  10. ペンギンの”ペンペン”もいます
    1. 子供のペンギンもいます
    2. ガラス越しには”超”接近写真が撮れます
  11. アシカのショーやイルカのショーも楽しめます
  12. 食事はマグロ料理がおすすめです
  13. 水族館周辺のおすすめレストラン。犬連れの人におすすめ
      1. 犬も一緒に入店できるマグロが美味しい店
    1. 有魚亭(ゆうぎょてい)(三浦市)
      1. 小型犬から大型犬までOK
      2. うれしいサービスもあります
      3. 食事ももちろん美味しいです。文句なしです
  14. 油壺マリンパークの基本情報
  15. 狂犬病の予防接種の証明は忘れずに
    1. ①狂犬病の予防接種証明
    2. ③飲み物は持って行ったほうが無難です
  16. こじんまりとしているので、のんびり過ごせます
    1. ①のんびり度数 ★★★★ 4点
    2. ②アクティブ度数 ★★ 2点
    3. ③遊具バラエティ度数 ★★★ 3点
    4. ④スポーツ度数 ★★★ 3点
    5. ⑤ワンちゃん度数 ★★★★★ 5点 ペット連れの人にもおすすめ
    6. ⑥ソーシャルディスタンス度数 ★★★ 点

ドーナツ型の水槽は何時間でも見ていられる癒しスポット

おすすめポイント

ドーナツ型の水槽をサメやノコギリエイなどの大型魚だけでなく、小魚の群れが混泳しています。それらの魚がドーナツ型の水槽を回遊しているので、ぼーっと水槽を見ていても飽きることがありません。

1968年開業。約50年営業しました。

油壺マリンパークの入り口
閉館が近いこともあり、混雑していました

油壷マリンパークは、1968年に京急電鉄創立70年を記念して開業しました。開業してから53年もの月日を経て、ついに2021年に閉館します。三浦半島から東京湾が眺められる最高の場所にある水族館でした。

老朽化のために閉館

開業してから53歳にもなれば、様々な箇所が老朽化して痛んでくるのはしょうがないですね。。。老朽化が激しくてこれ以上の営業は困難とのことで営業継続を断念したようです。

広くないので、小さなお子さんでも歩いて回れる

水族館の様子
小さなお子さんでも歩いて回れるぐらいの広さです

油壺マリンパークは、最近の水族館と比較すると広くないです。ただし、それが逆に”手軽”というメリットにもなっています。特に小さなお子さんを連れている家族連れにはメリットが大きいです。

大きな水族館ではベビーカーが必須です

大きな水族館ではたくさん歩くので、小さなお子さんではずっと歩くのは難しいです。歩かなくなったり、ぐずった時のことを考えるとベビーカーが必要です。

全部回るために、長い距離を歩く必要がありません

全部の展示を見るためにたくさんの距離を歩く必要はありません。建物と建物の距離も短いです。ですので、小さなお子さんでも比較的簡単に全部歩いて回ることができます。実はその手軽さが良かったりもします。

色々な学びがあります

相模湾の魚類の展示
相模湾の魚について学べます

大規模水族館と比べると、魚の展示はこじんまりとしています。そのかわりに、学びに特化した展示が多いです。神奈川県の湖川で見ることができる魚を説明付で展示していたり、相模湾で見ることができる魚を説明付で展示していたりします。

遠足にも向いています

水族館の水槽
この風景、小さい頃の遠足を思い出します

学びがあるということは、遠足にも向いています。神奈川県出身の人であれば、子供の頃に遠足で油壺マリンパークに行った、という人も多いと思います。遠足で水族館に行く、と言えば、江ノ島水族館か油壺マリンパークのどちらかだと思います。

昔の面影が残っているので、思い出として残る

学習ができる展示物
昔からの展示が残っています。学びもある水族館です

江ノ島水族館は”えのすい”としてリニューアルしたので、昔の面影があまりありませんが、油壺マリンパークは昔の面影が残ったままなので、懐かしさが残る水族館、としても多くの人にとって思い出として残っている水族館なのかもしれません。

派手な魚よりは身近な魚が多いです

油壺マリンパークでは派手な魚の展示よりは、身近な(地味な?)魚の展示が多いです。エビやカニやウツボなど、食卓に上がる魚も多いです。

エビ、ウツボなど身近な魚の展示が多いです

”美味しそう・・・”というお約束の感想

エビの展示
エビの展示です。美味しそうですよね・・・

マリンパークの感想としては、”美味しそう・・・”というのがお約束です。

身近な魚を知ることは、”学び”に繋がります

ウツボ
ウツボが乱舞して泳いでいます

身近な魚を知ることは、”学び”にも繋がります。食卓に上がる魚を知ることで普段食べている食材についての勉強にもなりますし、魚の種類を覚えることにもなります。こんなことも遠足の行き先に選ばれやすい理由の一つなのかもしれません。

一番の見所は、回遊する魚が見えるドーナツ型水槽です

回遊魚を展示しているドーナツ型の水槽
ドーナツ型の水槽ではリラックスして泳いでいる魚たちを見ることができます

水族館の一番の見所は、ドーナツ型の水槽を泳ぐ魚たちです。ドーナツ型なのでいくら泳いでも壁にぶつかることがありません。そのため、魚たちがリラックスして泳いでいる姿を見ることができます。

大小様々な魚たちを見ることができます

ドーナツ型水槽を泳いでいる大きな魚や小さな魚
大小様々な魚が泳いでいます

この水槽では小さな魚が群れをなして泳いでいる姿を見ることもできますし、大きな魚が一匹で泳いでいる姿も見ることができます。

サメやエイも気持ち良さそうです

泳いでいるサメ
サメも優雅に泳いでいます

大型のサメやエイも泳いでいます。どこまででも泳いでいけるので、気持ち良さそうにのんびりと泳いでいます。

美ら海水族館の水槽と同じ、”いつまででも見ていられる水槽”

ドーナツ型の水槽
ドーナツ型の水槽はいつまででも見ていられます

時間があれば、水槽から少し離れた位置から見ることがおすすめです。色々な魚が入り混じって泳いでいる姿を見ることができるので、ぼーっとしながら見ていると時間を忘れてしまうほどです。それはまるで美ら海水族館の大型水槽のようです。

癒し効果のある水槽です

水槽の中で泳いでいるノコギリエイ
ノコギリエイも泳いでいます

美ら海水族館の”ジンベイザメが展示されている”大型水槽も少し離れた位置からのんびり見ていると、1時間ぐらいはぼーっとしてみることができちゃいます。このドーナツ型の水槽も癒し効果のある水槽と言っても良いと思います。ぜひ、これを体験して欲しいです。

カワウソの展示に力を入れています

カワウソの展示
カワウソの生態を見ることができます

ここのもう一つの特徴は、カワウソの展示に力を入れている、という点です。カワウソと言えば動物園のイメージが強いので、水族館でここまでカワウソを展示しているところは珍しいと思います。

かわうそ森では生態観察ができます

かわうその森の案内看板
”かわうその森”ではカワウソの可愛い姿を見ることができます

かわうその森ではカワウソがどのように生活しているかを見ることができます。遊び場で好奇心旺盛なカワウソが遊ぶ姿も見ることができます。

カワウソが遊ぶエリア
好奇心旺盛なカワウソが遊んでいる姿を見ることができます

昼寝で爆睡している姿も・・・

昼寝しているカワウソ
爆睡しています。リラックスしているんですね。

カワウソだって良い天気の昼間は眠くなります。天敵もいないのでリラックスして寝ている姿を見ることができる。犬が猫が安心すると仰向けで寝るのと一緒ですね。。。

昼寝しているカワウソ
爆睡している顔のアップです

こんな可愛い姿を見ると癒されます。

定番の魚もいます

身近な魚を中心に展示していますが、定番の魚たちも展示しています。

”ニモ” カクレクマノミが待っています

カクレクマノミとハマクマノミの展示
カクレクマノミなどのクマノミの一種も展示しています

子供たちに大人気の”ニモ”もいます

ニモを”クマノミ”と覚えている人が多いですが、実は違うんです。ニモは”カクレクマノミ”です。”クマノミ”の姿はニモではないんです。その違い方を教えましょう。
”1ハマ、2クマ、3カクレ”と覚えましょう。体の横の縞々模様の数により種類を見分けます。
・縞模様が1本 ハマクマノミ

・縞模様が2本 クマノミ
・縞模様が3本 カクレクマノミ
ですので、ニモはカクレクマノミなんです。

ということで、上の写真にはハマクマノミとカクレクマノミがいます。

人気のクラゲ展示もあります

クラゲの展示
癒しの展示です。最近人気です。

最近、癒され展示として人気のクラゲの展示もあります。

ガーデンイール(チンアナゴ)もいます

ガーデンイール(チンアナゴ)の展示
水にゆらゆらしているガーデンイール(チンアナゴ)

これも人気ですが、ガーデンイール(和名チンアナゴ)も展示されています。

ガーデンイールは海では30m〜40mぐらいの比較的深いところに生息しています。ですので、警戒心が強くダイバーが近づくとすぐに引っ込んでしまいます。水族館では人が近づいてもそのことに気づかないので、引っ込むことなくゆらゆらと水に揺れている姿を見せてくれます。

サンゴとサンゴに群がる小魚にも癒されます

サンゴ礁と小魚の展示
サンゴとサンゴに群がる小魚も癒しポイントです

南の海で見ることができるような、サンゴ礁とサンゴ礁に群がる小魚たちも見ることができます。定番の癒し展示です。

犬連れでもOKです。貴重な水族館です

犬を飼っている人にとって、油壺マリンパークが貴重な水族館だった最大の理由は、”犬連れOKの水族館”だということです。関東にある水族館で犬連れOKの水族館は、知る限りここだけです。

500円で入場できます

犬の入場料として500円かかりますが、抱っこではなくて一緒に歩くことができるので、犬連れの人にはありがたいです。

ドッグランも完備

さらに嬉しいことに、ドッグランも完備しています。しかも小型犬と大型犬は別れています。水族館なのに、この神対応は非常に嬉しい限りです。本当に閉館が残念でなりません。。。

ペンギンの”ペンペン”もいます

ペンギンの展示
ペンギンをすぐ近くで見ることができます

ペンギンもすぐ近くで見ることができます。TV番組の企画で育てられたペンペンもいます。どれがペンペンなのかは、分かりませんでしたが。。。

ペンギン”ペンペン”の紹介
”ペンペン”について紹介されていましたが、どれがペンペンなのかは分かりませんでした

子供のペンギンもいます

子供ペンギン
羽の色が違うのが、子供ペンギンです。大人に近づく途中の色ですね

子供のペンギンもいました。大人とは羽の色が違っているので、すぐに分かります。

泳いでいるペンギン
優雅に泳いでいるペンギン

ガラス越しには”超”接近写真が撮れます

皇帝ペンギン
皇帝ペンギンの超接近写真です

ガラス越しであれば、目と鼻の先にいるペンギンを見ることができます。顔を見せてくれたり、お尻を見せてくれたり、貴重な写真を撮ることができます。インスタ映え写真のチャンスです。

アシカのショーやイルカのショーも楽しめます

アシカの展示
アシカの展示 ※中止されていました

アシカを展示する屋外プールです。イベントがある日はこのイベントスペースが賑やかになります。

イベントスペース
イベントがある時は、ここがイベントスペースになります

食事はマグロ料理がおすすめです

我が家は朝一番で水族館に到着して、昼過ぎに帰ってしまったので、昼食は外で食べました。園内でも食事ができるところはあり、三崎と言えば、”マグロ”でしょう。マグロ料理が色々とあります。これもおすすめポイントの一つです。もちろん犬連れでもOKなので、お気に入りのレストランを見つけて食事を楽しみましょう。

水族館周辺のおすすめレストラン。犬連れの人におすすめ

三崎港周辺の道路
三崎港周辺には多くの飲食店があります

食事は水族館の中で済ませるのも良いと思います。ただし、昼頃に水族館を出る場合は、水族館の周辺で食事するのも良いと思います。

三崎港の周辺には美味しい刺身や寿司が食べられる和食の店がたくさんあります。コロナ禍で休業していたり、営業時間の短縮を余儀なくされている店も多いです。営業時間などは事前に確認してください。入店する場合には、マスク着用、手指の消毒などの感染防止対策を行いましょう。

犬も一緒に入店できるマグロが美味しい店

そんな中で犬連れの人に”超おすすめ”の店を紹介します。

有魚亭(ゆうぎょてい)(三浦市)

有魚亭の外観
店の外観です。夜は居酒屋として営業しています

有魚亭の最大の特徴は”犬も一緒に店の中に入ることができる”という点に尽きます。テラス席であれば、犬連れOKという店は多いですが、店の中まで入ることができる店はほとんどないと思います。

小型犬から大型犬までOK

壁に貼っている犬の写真
壁一面に犬の写真が貼ってあります

小型犬だけでなく、大型犬までOKです。分け隔てなく、犬連れの人を歓迎してくれます。店の中には犬の写真がいっぱいあるので、店内の様子からも犬連れの人に優しい店だということがわかります。

うれしいサービスもあります

さらにうれしいのが、犬用のおやつ(食事?)として、マグロを湯通ししたものを出してくれます。我が家の犬は魚が好きなので、お皿に出された途端に爆食でした。一瞬で完食しました。美味しいのは間違いないので、当然犬も喜びますよね。
※体質的に魚が食べられない犬もいるので、食べられない場合はその旨伝えましょう。

食事ももちろん美味しいです。文句なしです

マグロの三色丼
マグロの三色丼です。もちろん美味しかったです

肝心の食事ですが、文句なしの美味しさです。刺身定食をはじめ、マグロ丼など、美味しいメニューだらけです。どれを食べても美味しかったです。

メニュー
メニューはその日によって変わるようです
  • 住所 神奈川県三浦市三崎3-2-11
  • 電話番号 0468-82-6934
  • 営業時間 11:30〜20:00
  • 定休日 火曜日
  • アクセス

油壺マリンパークの基本情報

住所神奈川県三浦市三崎町小網代1082
営業時間9:00~17:00
定休日閉館までは無休
長いすべり台なし
料金高校生以上:1800円
中学生:1300円
小学生:900円
幼児:500円
ペット:500円
割引情報各種割引あり(JAF、タイムズクラブなど)
駐車料金1000円
※水族館を利用しない場合3000円
駐車台数不明
最寄のIC三浦縦貫道 林IC
最寄の駅京急三崎口駅からバス

狂犬病の予防接種の証明は忘れずに

おすすめの持ち物

①狂犬病の予防接種証明

  • 予防接種の証明がないと、入ることができるエリアが制限されます。
  • 証明書ではなくて札でも大丈夫です。
  • 忘れずに持っていきましょう。

③飲み物は持って行ったほうが無難です

売店
館内にも売店はあります
  • 園内に自動販売機は少ないです。見たかぎりでは出口付近にあるぐらいです。
  • 飲み物が買えるところはありましたが、当然やや高めです。しかも、小さなお子さんだと飲みながら歩くと落とす場合もあります。
  • 水筒やペットボトルなど、飲み物を持って行ったほうが無難です。

こじんまりとしているので、のんびり過ごせます

①のんびり度数 ★★★★ 4点

亀の展示
屋外ではイシガメの展示もあります
  • こじんまりとした水族館なので、のんびりと過ごせます。

②アクティブ度数 ★★ 2点

遊具エリア
遊具で遊べるエリアもあります
  • 真ん中に遊具で遊べるエリアがあります。
  • 比較的新しい遊具が揃っています。
  • 小さなお子さん向けですので、アクティブ度数は低めです。

③遊具バラエティ度数 ★★★ 3点

遊具や乗り物で遊べるエリア
遊具や乗り物もありますが種類は多くありません
  • 遊具の種類は多くありません。

④スポーツ度数 ★★★ 3点

  • 水族館なので、スポーツができる場所はないです。

⑤ワンちゃん度数 ★★★★★ 5点 ペット連れの人にもおすすめ

犬
犬連れで楽しめる貴重な水族館です
  • 犬連れでも楽しめる水族館は貴重な存在です(でした。。。)
  • ドッグランも完備しています

⑥ソーシャルディスタンス度数 ★★★ 点

  • 休日は混雑する場合があります。
  • 屋内展示は比較的密集しやすいですので、ソーシャルディスタンスを取ることを意識しましょう。

コメント