GoogleHomeの新製品スペック予想

Google Homeの壁掛けGoogleHome

スマートスピーカーとして一世を風靡しているGoogleHomeですが、2016年にアメリカで発売されて以来、次機種の発表はいまだにないまま3年が経とうとしています。その理由としては、スピーカーとしてのハードの性能よりもソフトの性能の方が大事、ということなのでしょうか。ソフトであれば、新製品でなくても、新機能としてすでに発売されている製品を更新することができます。本当の理由は分かりませんが、今のところはそのような状況です。しかし、GoogleHomeを使い倒していくと、やっぱりまた別の機能が付加された新製品も出ないかなって期待する声も多くなると思います。本記事では、そんな次機種への期待と、次機種のスペックについて予想してみようと思います。

今のGoogleHomeにないけど、次にはこの仕様が追加されるとうれしい!という思いから次機種のスペックを予想してみました。

 

防水性能 ”Water proof”

防水

お風呂でも使いたい

お風呂

GoogleHomeの使い道として、お風呂場で使いたいというニーズは結構あると思います。お風呂に入りながら音楽を聴いたり、ラジコを聞いたり、Youtubeを流したりして、一日の疲れをお風呂に浸かることで癒したい、と思っている人にとってはぜひ欲しい機能だと思います。

生活の一部に溶け込みます

生活の一部に溶け込むのがGoogleHomeだと思うので、次の製品が防水しようになる可能性は結構高いと思っています。

バッテリー内蔵

バッテリー

お風呂で使うには必須の機能です

お風呂で使うには、電源を引っ張てこないといけませんが、意外とこれが面倒です。電源の防水をしっかりしないと壊れてしまいますし、感電も心配です。ですので、バッテリーを内蔵してお風呂では電源なしで使えるようにしてくれると嬉しいです。

部屋で充電。充電したGoogleHomeをお風呂で使う

充電

充電は普段使っている部屋でケーブルを刺して充電という形態ですね。

カメラ内蔵によるスマートインターホン

防水仕様であれば実現できそう

防水仕様であれば、使うシーンはお風呂だけでなくもっと広がりそうです。たとえば、玄関外に置いて、インターホン替わりにすることもできるかもしれません。小さなカメラを置けばそれはまさに、”スマートインターホン”です。だれか訪問者が来たことを外出先にも知らせてくれる機能はすでに他社製のインターホンでも出ていますが、GoogleHomeであれば、それぐらいの機能は簡単に付加出来ちゃいそうです。

防犯カメラにもなります

カメラが搭載されれば、それはインターホンにとどまらずに、防犯カメラとしても十分機能しそうです。しかも、色々なクラウドサービスを広げれば、Googleの情報力をもってすれば、強力な防犯ツールになりそうな気がします。すでにある防犯会社がうまいことGoogleHomeを使って、そんなサービスを展開してくれると良いのですが。

防犯カメラ

 

テレビ装着型

テレビ

テレビ電話として使えます

今でもGoogleHomeを使って離れた人と通話することもできますが、Chromecastとうまく連携することでテレビ電話として使えたら、さらに使い道が広がると思います。

テレビにマッチするようなアダプタも欲しいです

そのときにはぜひテレビとマッチするような装着アダプタを一緒につけてほしいです。それか、本ブログでも100均の商品を使ったGoogleHomeの壁掛けを紹介していますが、同じようなものを探すしかないですね。。。

ラジオ復活!に向けたラジコに特化した機能が欲しい!

ラジオ

ジワジワとラジオ復活が。。。

昔はラジオが盛んでAM、FMともに人気番組目白押しで若者の夜の楽しみと言えば、ラジオ!と言っても過言ではない時代がありました。時代を経てラジオからテレビの時代へ、そしてテレビからYoutubeの時代へ流れて行きました。そんな風に時代が流れていくうちに、最近はラジオの良さがジワジワと見直されてきています。

でも、ラジオを聴く機器が。。。

しかし、足りないのがラジオを簡単に聞ける機器が少ないんです。。。ラジカセなんてもうあまり持っていないですし、ステレオはラジオのアンテナはつないでなくて、久しぶりに聞こうと思ったけど、アンテナがどっかに行っちゃって結局聞けない。とかラジオの電波が入らない。など簡単にラジオを聞けない時代になっています。

ラジコでラジオを聴くことができる

しかし、最近はラジコでラジオを聴けるようになったのでラジコを流せるスピーカーさえあればラジオを聴くことができます。実際、GoogleHomeでもラジコを聞くことができるので、実は簡単にラジオを聴くことができます。

でも、気持ちのハードルが高い。。。

でも、なんか気持ちのハードルが高いんです。それはなぜなのかなって思うと、もしかすると選曲ボタンがない、とかそんな理由なのかもしれません。それか、ラジオ番組表を見るのが面倒くさい、っていうのもあるのかもしれません。

そんなハードルをなくしたNew GoogleHomeに期待!

気軽にラジオを聞けて、しかもお気に入りの番組をAIで見つけてくれる!そんな機能に期待しています。個人的にはこの機能が一番欲しい機能です。

番組情報が見られる簡単な液晶画面が欲しい!!

液晶画面

そのために、文字だけを表示する程度の液晶画面があるとうれしいです。今、どんな番組をやっているのかを一目で見られるようにしたいんです。今、GoogleHomeでラジコを聴こうとしても、どんな番組がやっているかはwebで調べないと分からないですし、それがすごく面倒なんです。そのためにも簡易的な液晶画面で番組情報が知りたいんです。

まとめ

次のGoogleHomeに期待することから、次のGoogleHomeのスペックを予想してみました。新しいハード製品を出すためには、相当の特徴がないと出す意味がないでしょうから、かなり大胆な予想をしてみました。ぜひ、Googleさん期待しています!こんなNewGoogleHomeが発売されれば、間違いなく次も購入します!

 

コメント